金利を抑えることができ、返済額も減らせる

借換とは、高金利のローンを低金利で組みなおすなど、より良い条件で借入し直すことです。

 

複数社からの借入を一括できることから“おまとめ”などとも呼ばれます。この借換には、非常に大きな利点があります。

 

最大のメリットは、何といっても金利を抑えることができ、その結果として返済額を減らすことができることです。消費者金融の上限金利は、年率18%前後。消費者金融から金利18%で200万円借りたとしましょう。

 

そして月々の返済額を「2万円+利息」とした場合、返済総額はおよそ350万円となり、返済には8年以上を要します。一方、銀行系の上限金利は一般的に消費者金融より低めの15%ほど。

 

上記と同じ借入額・返済条件で、金利だけを15%に変えてみましょう。すると、返済総額は、およそ325万円になります。その差は、およそ25万円。

 

金利15%に借換れば、18%で借入していた時と比べ(単純計算で)返済額がおよそ25万円減額できるというわけです。好条件で借換をすれば、このように返済の負担を減らすことができます。

 

ただし、金利は市場の影響を受けて変化するものです。よって、消費者金融から銀行系に切り替えたら無条件に返済額の減額ができる、などというものでもありません。タイミングを間違えば、借換により、むしろ高い金利を科せられることもあり得るので注意は必要。

 

ですが、効果的に借換を行えば返済が楽になります。また、借入のメリットは金利だけではありません。複数社からの借入を、借換によって一本化すれば、借入金の管理・把握が簡単になり、返済プランを立てるうえでも便利です。

 

複数社から借入をし、月に何度も返済日がくると、精神的苦痛が大きく、また返済日をうっかり忘れてしまう恐れもあります。そうして返済遅延をしてしまえば、その後の借入に悪影響を及ぼしかねません。

 

ですから、借入状況をしっかり把握して円滑に返済をすすめていくためにも、借換はお勧めです(ただし、先述の通り、借換によって金利を低く抑えることができなれば借換をする意味がないため、金利には注意して下さい)。

 

「おまとめ」をする前に

金利を抑え、返済の負担を軽減してくれる“おまとめ”。

 

ですが、そこにはデメリットがないわけではありません。

 

借換商品は、借入金の完済をサポートすることを目的としてつくられているため、“おまとめ”で借換を行った場合、追加の借入は基本的に不可能になります。お金が必要になったとしても、完済し終わるまでは新たな借入が制限されるため不自由に感じるかもしれません。

 

ですが、こうした制限があるからこそ、しっかり完済に向けて返済に取り組めますから、考えようによっては、こうした条件はむしろメリットだともいえます。

 

自分の意志では借入のコントロールができず、借金返済のめどが立たないという方は、思い切って“おまとめ商品”に借換をしてみるといいでしょう。

 

返済にお悩みの場合は、ぜひ借換を検討してみて下さい。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日