過去のトラブルや複数申し込みはしてないかをチェック

おまとめローンを利用するにあたっての審査の内容は、基本的には機密事項なので教えてくれることはまずありません。

 

ですから審査を受けるにあたって自分の状況を自分で審査し、全体的にどこに問題があってどこは大丈夫か考えてみる必要があります。
詳細が分からないとは言っても、金融機関がおまとめローンの審査にあたってどこを見ているかについていくつかのポイントははっきりしています。

 

現在の借り入れの件数

通常5件前後が基準となります。
しかし単数に件数だけも問題ではありません。例えば5か所から50万ずつ、合計250万の借り入れがある人と、たった2か所ですが150万ずつ300万の借り入れがある人。どちらが審査に通りやすいでしょうか。
前者は難しいかもしれません。なぜなら通常信用のない人に設定される上限金額が50万ですが、その限度額いっぱいまで、しかも5か所から借り入れしている。これでは返済能力を疑われても仕方ないかもしれません。
逆に後者の場合は、150万という金額を借り入れしているということはその人の返済能力がそれだけ信用されているということでもあり審査を通る可能性があります。

 

過去にトラブルを起こしていないか

返済を3カ月以上遅延するとブラックリストに載ります。これは最低でも1年、最長だと10年記録が残りますがこのリストに載ったことがあるか調査されます

 

同時に複数の申し込みをしていないか

どこかから借り入れ出来たらいいと思い手当たり次第にカードローンを申し込んでいないでしょうか。これは申し込みブラックともいい一番陥りやすい失敗です。
信用機関には審査の結果にかかわらず、誰がいつどこにカードローンを申し込んでいるかの記録が残されており、1月に3か所以上に申し込みをしていた場合は確実に審査に通りません。
以上の点をふまえて、確実におまとめローンの審査をパスできるようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日