金利を正しく見極めて利用する

おまとめローンを利用する場合は、金利に注目することが大切です。
せっかく複数のローンを1つにまとめても、その金利が高ければ、おまとめローンを利用した意味がありません。

 

では、おまとめローンの金利について、ここで簡単にみていきたいと思います。

 

おまとめローンの金利の仕組み

おまとめローンの金利は、金融機関により異なるのですが、とりあえず三菱東京UFJ銀行カードローンを例に、その仕組みを見てきましょう。

 

三菱東京UFJ銀行カードローンおまとめローンの年率は「4.6%〜14.6%」とされています。
4%と14%では大違い。できるかぎり低い金利で借入れをしたいと思うわけですが、利用者に金利を決める権利はありません。
金利は、利用者の信用度・借入金額等に応じ、金融機関側によって決められるのです。

 

他社からの借入を抱えており、そのうえ三菱東京UFJ銀行での借入が過去にない場合は、少なく見積もっても10%というような高い金利が課せられるでしょう。
一方、負債額が多くても、担保となるものを保有していたり、過去の返済履歴に遅延がなく信頼がおけると判断されたりした場合には、低い金利が設定される可能性が高まります。

 

こうした理由から、おまとめローンを賢く利用するコツは、金利(特にその上限)を正しく見極めることだということができるでしょう。

 

過去に利用経験のない金融機関でおまとめローンを利用する場合は、その金融機関との間に信頼関係が成り立っていないため、金利の幅のうちで高めの金利が適応されるのが一般的です。
ですから、消費者金融系にせよ、銀行のおまとめローンにせよ、(最低金利の低さより)年率の“上限”に注目することが大切だといえます。

 

各金融機関の金利・利用条件を見比べて、自分の状況、利用目的・利用金額に最も適したおまとめローンを選ぶようにして下さい。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日