返済日が遅れる場合は必ず借入れ先に連絡

「期限の利益」というものがあるのをご存知でしょうか?「期限の利益」という言葉の意味は、借金の期限が来るまでは借りたお金を返さなくてもいいという、お金を借りた人の権利を保障するものです。この「期限の利益」は借金を借りた人にあるものですが、この「期限の利益」借金した人に与えられている分、お金を貸した会社などはその見返りとして「利息」を得る事ができるのです。そして、「期限の利益」と対になる権利が「期限の利益の喪失」という権利になります。この「期限の利益の喪失」という権利は、借金をした人が期日までに返さなかった場合、全額まとめてすぐに返せ!と要求できる権利になります。もっとも、1〜2日くらいの遅れで「期限の利益の喪失」を行使する会社はあまりありませんが、だからといって、普段から返済が遅れたり、返せなかったりが続くと、「期限の利益の喪失」を盾に全額すぐに返すように要求される可能性もあります。
けれど、何かの事情で返済日が遅れてしまう場合は、とにかく事情を隠さず借りた先に申告しましょう。そして、お金を返すアテがあるのなら、そのことも伝えるとスムーズに話が進む可能性が高まります。そんなアテはない!という時も、もしかしたら、お金を貸してくれた会社が何か他の案を出してくれるかもしれません。貸した会社も、1円も返ってこない事態は困りますからね。

 

返さなかったらブラックリストに入っちゃう!

じゃあ、期限までに返せない事を申告しなかったらどうなってしまうのでしょうか。まず、返済期日から2〜3日たつと、貸してくれた会社から「早く返してください」と電話がかかってきます。もっとも、ここできちんと電話に出て、「必ず返す」と会社側が判断できれば、そこまで厳しい事は言われないかもしれません。無理やり返してもらおうとすると、その方が悪い結果になるという事を貸してくれた会社は認識しています。長年こういうことは経験していますからね。ですが、何回も返済が遅れると…ひどい場合、利用限度額を引き下げられてしまったり、最悪、あなたはこの会社から利用停止を告げられることになるのです。
こうなると、ブラックリストにあなたの名前が載ってしまいます。そうなると、近い未来にあなたが住宅ローンを組む事ができなくなったり、愛車を買う時にもローンの審査がおりなくなる事があるのです。一回信用を失ってしまうと、将来何度も大事な局面で何度も困ることになり、また失った信用を取り戻すのは難しいのです。
ですので、借金をした時は、借りた時に決めた通りにお金を返していきましょう。もしも、何らかの事情で返済計画が変わってしまう時は、すぐににお金を借りた会社に連絡して申告しましょう。会社はお金が帰ってこない事態を回避したいのですから、あなたの事情にのっとった、新しい返済スケジュールを考えてくれると思いますよ。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日