素早く担当者に電話連絡して、返済遅延の旨を伝えるこ

どうしてもカードローンの約定日に返済出来ないという時は、どのように対処するといいのでしょうか。中には無視している人もいるのではないでしょうか。
もし約定日に返済できない時には、なるべく早く担当者に電話で連絡をして、返済が遅れることを伝えましょう。事前に連絡することで、カードローン会社から催促されるということがなくなります。ただし、事前連絡をしても延滞したという記録はなくなりません。しかし、何も言わないで延滞するよりは、はるかに好印象となります。

 

カードローンを延滞している場合

カードローンを延滞している間は、そのカードローンからお金が引き出せません。約定日後に支払いをすれば、また利用できるようになります。できるだけ早く入金できるようにしましょう。
どうしても支払いに時間がかかるという場合には、いつまでに入金できればまた利用できるようになるかを確認しておくといいでしょう。入金の期日を1日でも遅れると、3カ月くらい使えなくなります。
カードローンの会社が都市銀行系列ではなく、消費者金融出ある場合には、事前連絡を入れておけば支払日を変更してもらえるなど、柔軟な対応をしてくれるところもあります。しかし、1週間くらいの遅延である初期遅延を超えてしまうと、催促のプレッシャーが強くなりますので、支払日の変更の相談がしにくくなります。業者から連絡される前に自分から連絡を入れて、1日でも早く入金するのが対処法となります。

 

返済できなくなった際の取り立て

返済出来なくなった時に怖いのが取り立てではないでしょうか。よくドラマで、怖いお兄さんが家に押しかけてくるというシーンを見かけますので、返済できないとなると取り立て屋がくると心配する人もいるでしょう。しかし、金融業者の取り立て行為については貸金業法で制限されています。制限されていることを行うと、営業停止処分や貸金業登録の取り消しなどの行政処分が下されます。そのため、債務者の生活や仕事まで踏み込んで脅かすような行為はそうあるものではありません。しかし、延滞することはよくありません。取り立てされないと思っても、きちんと返済するように努めましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日