5年で時効だが借金の踏み倒しはNG

カードローンの返済には時効があります。銀行や消費者金融などのカードローンから借入した場合、時効は5年です。

 

債権者が5年間権利を行使せずに放置すると、債権が消滅して債務者の返済義務がなくなるという意味です。しかし、時効があるからといって借金を踏み倒すということはしてはいけません。

 

返済の時効が認められる場合と認められない場合

カードローンの返済の時効が認められる場合と認められない場合があります。債権者がその権利を5年間ずっと行使しない状態が続いた場合、時効が認められます。例えば、返済をしていた消費者金融の業績が悪化して、店舗営業と貸し出し業務を中止したとします。返済用のATMはあって、返済だけは続けていましたが、そのうちATMもなくなり廃業と思って返済をしていませんでした。そのまま消費者金融から連絡がなく5年経過した場合、あとは内容証明郵便で援用通知書を送れば債権者の承認の有無に関係なく時効になります。ただし、このようなケースはまれです。少しでも貸し出し残高がある時には、廃業前に送金依頼の通知がくるものです。時効が成立するには、続けてきた返済を途中でやめた債務者に対して、債務が残っていることを認めさせず放置するというケースです。

 

逆に時効が認められないという場合は多くあります。5年間継続した状態であった場合のみ時効が成立しますが、債権者が権利を行使して内容証明を送り、6ヶ月以内に裁判で訴訟を起こすと、それまで経過した期間は無効となり、時効が中断されます。もし、あと1ヶ月で時効が成立するという場合でもその時点で内容証明が送られて裁判上の請求があると、時効は元に戻ります。さらに、給料が差し押さえられたり、約5年分の延滞損害金と利息を加えた返済額を一括で返すよう求められたりします。

 

債権者は内容証明の送付と訴訟を5年の時効の内に必ず行いますので、5年の時効を当てにして返済を滞らせても許されないと思っていた方がいいです。弁護士に依頼しなくても訴訟ができる少額訴訟という方法もあります。自分が借入した分はきちんと期限内に返済するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日